1996-1997 3月/アンフィニ東京ブロンコス廃部
4月/『ME所沢ブロンコス』結成
高橋勉キャプテンら8人が残り、CJも再来日。
実業団リーグからのスタートとなる。以後2年間同じメンバーで全日本実業団選手権を連覇。
1997-1998
2月/日本リーグ2部に昇格
4月/『所沢ブロンコス』にチーム名変更
1997-1998 3月/第32回バスケットボール日本リーグ6位
1998-1999 3月/第33回バスケットボール日本リーグ3位
1999-2000 10月/「応援する会」発足
『さいたまブロンコス』にチーム名変更
「さいたまブロンコス後援会」発足
3月/第34回バスケットボール日本リーグ3位
2000-2001 3月/第34回バスケットボール日本リーグ3位
2001-2002 3月/第35回バスケットボール日本リーグ3位
2002-2003 3月/第36回バスケットボール日本リーグ初優勝
2003-2004 3月/第37回バスケットボール日本リーグ優勝、二連覇を果たす
2004-2005 6月/JBLに脱退届を提出
8月/JBL脱退記者会見にてJBL脱退を表明
11月/日本初のプロバスケットボールリーグ「bjリーグ」発表記者会見
3月/第38回バスケットボール日本リーグ準優勝

- 埼玉ブロンコスの前身の実業団時代の戦績 -

1982 3月/マツダオート東京バスケットボール部創部
1983 チームニックネームをブロンコス<暴れ馬>とする
国体関東予選 優勝(群馬国体出場)
全日本実業団関東予選会 優勝
1984 全日本実業団選手権大会 準優勝(日本リーグ2部昇格)
第18回日本リーグ2部 7位
1985 第19回日本リーグ2部準優勝
1986 第20回日本リーグ2部準優勝(日本リーグ1部昇格)
1987 第21回日本リーグ1部 6位
1988 第22回日本リーグ1部 11位
1989 第23回日本リーグ1部10位
1990 第24回日本リーグ1部 9位
1991 社名変更のため『アンフィニ東京バスケットボール部』にチーム名変更
第25回日本リーグ1部11位
1992 第26回日本リーグ1部 9位
第1回全日本実業団選手権大会 出場(JIC)
第67回全日本総合選手権大会 準優勝(天皇杯 初出場)49年ぶりの快挙
1993 第27回日本リーグ1部12位
1994 第28回日本リーグ1部11位
第3回全日本実業団選手権大会出場(JIC)
第69回全日本総合選手権大会出場
1995 第29回日本リーグ1部12位
第70回全日本総合選手権大会 出場



(C) 2007 saitamabroncos All Rights Reserved